ページの先頭です

税理士:一覧

住宅ローン控除をうけている住宅をAir bnbで貸し出せるか?

自宅の一部屋をAir bnbとして貸し出すことがあると思います。… (続きを読む)

台湾への進出が容易になります

台湾は地理的に日本から近いだけでなく、親日国の一つであり、海外進出をするにあたり検討する地域の一つでしょう。しかし税金の観点で日本と台湾の間に大きな障害がありました。… (続きを読む)

海外親会社が発行したストックオプションについての税務処理

弊社では外資系日本法人を多く担当させていただいておりますが、最近海外のコントローラの方から問い合わせが増えているものがあります。… (続きを読む)

Amazonでベストセラーランキング1位

kindle(続きを読む)

New book is published in kindle =Japan tax guide=

(続きを読む)

年頭のご挨拶 new year comment

51440160_220x153(続きを読む)

Airbnbに関する税金あれこれ

来日外国人旅行者の爆発的な増加により、急激に拡大しているサービスである民泊。そのなかで代表的なサービスプロバイダーのAirbnb。ホストになる方も増えているかと思いますが、そのときに忘れていけないのが税金。Airbnbのホストになったときの税金について解説します。… (続きを読む)

日経新聞朝刊(2015年11月2日)

本日(2015年11月2日)の日経新聞朝刊に私のコメントが載りました。外資系顧客の案件を多く手掛ける片山康史税理士です。国境を越えた役務の提供に対する消費税の課税の見直しに関する記事です。… (続きを読む)

外国株式からの配当を受けた場合 =外国税額控除=

最近の証券会社における外国株式取扱い強化により、海外への株式投資が容易になっています。特に米国企業は、なじみのある企業が多く、かつ株主重視のゆえの高い配当利回りを実現している企業も多いので、投資先としては魅力的です。私もマイクロソフトに勤務していた時期があり、その際に取得した株式をいまだに保有していますが、年に4回配当があるなど、その魅力を実感しています。… (続きを読む)

国境を越える電子通信役務の提供でよくある質問

海外からの電子書籍・音楽・広告の配信やクラウドサービス等の役務の提供は、その提供を受ける個人・事業者が日本の居住者の場合には、消費税が課税されるようになります。その課税の対象になる取引を「電気通信役務の提供」と言います。2015年10月1日から施行されました。… (続きを読む)

アーカイブ

著書紹介