ページの先頭です

eLtaxに苦しんでいます(その1)

前々年に国税に提出する給与所得の源泉徴収票の提出枚数が1,000枚以上の会社は、電子申告による給与支払報告書の提出が義務になりました。いままで給与計算を外部の業者に丸投げしていた大企業は多いと思いますが、そのアウトソースの会社に税理士がいないとちょっと困ったことになるという事態が発生しています。(税理士がいないからといって、提出ができないというわけではないのですが。)

「今の税理士に頼めばいいじゃないか」という気もしますが、経理財務部にも人事情報は見せたくないということで、今の税理士にも頼みたくない、ということがあります。

という背景があって、給与支払報告書の電子申告の提出だけお願いされるという事態が発生しています。正直なところ、何の付加価値も生み出さない作業なので、全くやりたくないのですが、いかんせん発注先が大企業なので、周りは”やりたい!!!”という雰囲気になっており、仕方なく僕がやっています。「どう考えても次につながるとは思えないけどなぁ・・・」とぼやきながら、eLtaxを研究しています。

eLtaxの操作性は最悪であり、いろいろとつまづくポイントは多いのですが、まずは一つ紹介したいと思います。

(現象)

csvファイルを作成して、インポートしようとしても、1行もインポートされずにエラーが出る

(ヘルプデスクの回答)

今回のエラーにつきまして、CSVファイルの項目数が、インポートいただく年分のCSV項目と違うことが原因と考えられます。

平成24年~(平成25年1月提出用)の給与支払報告書項目数は98項目です。Excelをご利用いただきcsvデータを作成された際、末項目がブランクの場合、自動変換され項目数が減る可能性がございます。

※98項目:指定番号(CT列)

メモ帳などでcsvデータをご確認いただき、 提出先市区町村コード(サンプルデータでは131016) の後に「,」が存在するかご確認くださいませ。

そんなの絶対わかんないよ!!!

恐らく1月の末あたりでは、eLtaxマイスターになっていると思います。給与支払報告書の提出に悩まれている法人の方がいらっしゃいましたら、お申し付けください!(汗)

 


アーカイブ

著書紹介