ページの先頭です

国際税務:一覧

FacebookのMark Zuckerberg(マークザッカーバーグ)の節税

今年の後半はIPOバブルだったとかで、多くの企業が新規上場を果たしました。上場を果たすと、創業者たちは多額の創業者利益としての資産を有することになります。それは大変うらやましいことなのですが、その当事者たちは次のステージとして新たな悩みを有することになります。それは税金です。… (続きを読む)

平成26年度税制大綱(国際税務)

昨日、税制大綱が公開されました。国際税務に係る部分が大幅に改正される見込みです。… (続きを読む)

海外の株式に投資している場合の税金

年末が近づくにつれ、確定申告を意識する時期になりました。… (続きを読む)

香港子会社から配当を受ける場合の税率

今日面白い質問を受けましたので備忘録代わりに残しておきます。… (続きを読む)

外国法人と国内源泉所得

日本人である私が、含み益があるハワイに持っている不動産を売ったとします。そうするとその含み益の部分に対して日本の税金がかかります。「全世界所得課税」と言って、場所を問わず儲かったら税金がかかるんですね。法人の場合も同じで、本社のあるところで、全世界で儲けた所得に対して税金をかけようという考え方です。… (続きを読む)

外国法人と留保金課税

昨日、外国法人の法人税申告書を作成していました。… (続きを読む)

4 / 41234

アーカイブ

著書紹介