ページの先頭です

国際税務:一覧

税制改正大綱(海外からの電子書籍等の購入)

先進諸国の間で、国をまたぐ取引についての課税強化が協調して行われています。BEPSなどと言ったりしますが、その対応の一つとして消費税の改正が行われる予定です。… (続きを読む)

税制大綱(出国税)

平成27年度の税制大綱が昨年末に発表されました。… (続きを読む)

Taxpayer of inheritance and gift tax in case of foreigners

Inheritance ( and gift) tax as for foreign tax payers has been revised and here is the overall of new rule for tax payers.Even if your spouse or children does not have Japanese nationality, it is possible that Japanese inheritance (and gift) tax is levied on your assets in Japan. We believe careful preparation is required in advance.… (続きを読む)

租税条約に関する豆知識

海外に対して利子や配当、使用料の支払いをする際には源泉徴収が必要になる場合があります。その相手国によっては租税条約の適用により源泉徴収の税率が軽減される場合があります。… (続きを読む)

“税金官僚に痛めつけられた有名人たち”書評

なんとも興味深い本でした。
税理士必読の本かもしれません。… (続きを読む)

The renewal for Investor / Business manager “投資経営ビザの更新”

Immigration bureau of Japan requires the continuity of your business in Japan, in order to make the status of residence of “Investor / Business manager” renew for all foreign nationals residing legally in Japan. This status of residence will be allowed to issue under the condition, which company keeps going well in the view of financials. … (続きを読む)

海外子会社からの配当の益金不算入に係る為替差損益

とある3月決算の会社で、表題の件について悩むことがありました。… (続きを読む)

過大支払利子税制の創設

平成24年度税制改正において、関連者等に関する支払利子等の損金不算入制度が導入されました(租税特別措置法第66条の5の2)。… (続きを読む)

オーストラリアのPayroll tax

今年の3月は多くの方の個人所得税の申告を担当させていただきました。その中でオーストラリアで納税された方の確定申告を行いました。… (続きを読む)

ドメスティックな日本の税法

弊事務所では海外から日本に進出されてこられるお客様を多く担当させていただいております。海外では12月決算が基本であり、必然的に日本に設立される子会社や支店も12月決算になります。ということで弊事務所では各種申告書の提出期限である2月末が一つの繁忙期なのです。… (続きを読む)

3 / 41234

アーカイブ

著書紹介