ページの先頭です

国際税務:一覧

国境を越える電子通信役務の提供でよくある質問

海外からの電子書籍・音楽・広告の配信やクラウドサービス等の役務の提供は、その提供を受ける個人・事業者が日本の居住者の場合には、消費税が課税されるようになります。その課税の対象になる取引を「電気通信役務の提供」と言います。2015年10月1日から施行されました。… (続きを読む)

ストックオプションと出国税

国外転出時課税(いわゆる出国税)が7月1日から施行されました。… (続きを読む)

New rule on the cross boarder provision of digital service

New law for the application of consumption tax for cross boarder provision of digital services had been ratified. Due to this tax reform, the provision of digital services from offshore to customers residing in Japan will become subject to consumption tax from October 1st 2015.… (続きを読む)

タックスヘイブン国に駐在員事務所を作ったら

海外に進出をしようと考えたときに、いきなり巨額の投資をして現地法人を設立してビジネスを開始するのは、スピード感があって素晴らしいと思います。ただ現実には、まず現地の情報収集を行い、自社の製品やサービスが受け入れられるかどうかを検証するのではないでしょうか?… (続きを読む)

電子書籍が値上げ(!?)<消費税の改正>

<国境を越える電子商取引と消費税>(続きを読む)

(平成27年度税制改正)外国子会社の益金不算入制度

日本からオーストラリアへ投資する場合、オーストラリアにSPCなどvehicleを作ると思いますが、そのSPCが償還優先株式 (MRPS:Mondatory Redeemable Perference Shares)を発行するスキームが使われているようです。… (続きを読む)

New consumption tax regulation for the distribution of e-book, e-music and ad

Consumption tax (CIT) reform for the distribution of e-book, e-music and advertisement etc. via internet (i.e. electronic commerce transaction for digital material) from overseas has been established. This new regulation will be effective from October 1st 2015.(続きを読む)

非居住者でも日本法人の代表取締役になれる改正を税理士的に考えた

内国法人の代表取締役の条件について、大改正がありましたね。こんなことが通達一つで実施されるんだということの方が驚きでしたが。… (続きを読む)

海外の株式の配当を受け取った場合

昨今、どの証券会社でも海外の上場株式に投資することが可能になっており、海外から配当を受け取ることも簡単です。… (続きを読む)

税制改正大綱(海外からの電子書籍等の購入)

先進諸国の間で、国をまたぐ取引についての課税強化が協調して行われています。BEPSなどと言ったりしますが、その対応の一つとして消費税の改正が行われる予定です。… (続きを読む)

2 / 41234

アーカイブ

著書紹介