ページの先頭です

会社が長く続く秘訣(?)

ものづくり補助金や小規模事業持続化補助金の内容が公表されてから、補助金獲得を支援するコンサルタントの人たちは大忙しだと聞いてます。また助成金についても大人気だと聞いてます。我々も該当しそうなお客様には積極的に情報提供をしております。

先日も、とある助成金についての情報提供をお客様にしたところ興味を示されたので、知り合いの社労士と話をしておりました。するとそのお客様の社長から、「やっぱり申請はやめます」と連絡がありました。「なんでですか?」と伺ったところ、「就業規則の変更を伴うということは、その変更後はずっとその内容に縛られることになる。その運用のコストを考えれば、一時的な助成金では割に合わない」ということでした。

おっしゃっていることは当たり前のことながら、はっとさせられました。助成金はそのまま利益になります。もらえる金額だけの利益を営業活動から生み出そうとするのは大変です。財務会計だけの観点で考えれば、是非申請すべきだと思ってました。しかしながら、その前に考えるべきことがあったということです。

その会社は数十年の歴史がありますが、その理由が改めて分かりました。 見えないコストを考える能力や、本来の事業以外の収益を受け取ることは会社の将来にとってプラスにならない、などというぶれない姿勢が、会社を長く続かせているのです、きっと。私自身、事業承継の場面に立ち会うことが最近多くありますが、やはり社長が持っている経営理念がしっかり隅々まで根付いている会社が長く続いているように感じます。

当たり前ですが、数字だけではないのですね。決算書の裏にある会社の想いを読み取り、またその想いを決算書に表現することが重要なんだと。また一つ勉強させてもらいました。我々の仕事はお金をいただいて勉強させてもらえるという良い仕事です。このような会社が長く続いてもらえるように頑張る、と思いを新たにした週末でした。

 


アーカイブ

著書紹介