ページの先頭です

小説”タックスヘイブン”

先日のタックスヘイブンのコラムつながりで、その名もズバリ”タックスヘイブン”の書評。

(内容紹介より引用)

シンガポールでもっとも成功した日本人金融コンサルタント北川がホテルから墜落死した。死んだ北川の妻・紫帆は現地に、高校の同級生・牧島とシンガポールへ赴く。紫帆はそこで北川の現地妻と息子の存在を知る。北川は1000億円を扱うファンドマネージャーだったが、政治家や会社社長など、数々の顧客のプライベートバンクの口座に10億円、50億円規模で穴を開けていた。背後に見え隠れする、日本の首領が仕組んだブラジルへの原子力発電施設輸出計画とそれを見込んだファンドとその失敗。紫帆と大物政治家の過去。大物フィクサーの影と蠢く謎の仕手グループ。そして起こった大物政治家秘書の暗殺。北川の死は自殺か、それとも殺人か? 口座から消えた巨額の資金は、どこへ送られたのか!? (引用終)

ハードボイルドミステリー小説でした。スピード感があって一瞬で読み切りました。国際金融や国際税務について随所にトピックが出てきますがそれらの知識がなくても一気に読むことができるのではないでしょうか。

ストーリーのスピード感はもちろんなのですが、国際税務が専門である私でも、租税回避の手法を紹介されている部分を違和感なく読むことができたので、税務のみならず全体的にすごいリアリティがあるのだと思います。

なお参考までにタックスヘイブンのフォトツアーがあったようです。

http://www.alt-invest.com/book/taxhaven/

小説を一通り読んだ後に、上記のフォトブックを見てイメージを膨らませ、もう一度読み返すといいと思います。お勧めです。


アーカイブ

著書紹介