ページの先頭です

マー君の20億円は”安い”のか?

楽天球団の田中将大投手がポスティング制度を用いたメジャー移籍を希望していることが大きな話題になっています。ただポスティング制度が改正され、球団への補償金が20億円を上限とされることがきまりました。その20億円が安いということで、楽天球団がポスティングを容認しないということが話題になっています。

果たして20億円というのは”安い”のでしょうか?

“高い””安い”というのは極めて主観的な価値基準です。常に何かと比較しながら判断するものです。「前と比べて安い」「他と比べて安い」ということです。

確かにダルビッシュ投手のポスティングにより、球団が得た金額は60億円とも言われています。それに比べれば、同様の力量を持っているマー君が20億円というのは”安い”と感じてしまうのは仕方がありません。

しかし、マー君が2年後に取得する見込みの海外フリーエージェント権と比べてみればいかがでしょうか?海外FAでは、球団に保証金的なものは入ってこないようです。国内FAの場合には、前年の年俸の半額が元球団に支払われるようですが。

もし2年間にマー君が楽天球団にもたらす金銭的な価値が20億円を超えるのであれば、”安い”ということになるのかもしれません。ただしその場合の価値というのは、利益です。収入ではありません。マー君が仮にあと2年楽天にいたとしたら、かなりの年俸(報道によると5億を超えるとか)を支払わないといけません。つまりマー君は30億円ほどの収入を楽天球団にもたらさない限りは、”安い”ということにはならないはずです。そしてそれはとても難しそうです。

かつ重要なことは、マー君は人間であるということです(神の子かもしれませんが)。これから2年間、今年と同じようなパフォーマンスを発揮する保証は全くありません。もしこれからの2年間、マー君のパフォーマンスが落ちれば、マー君にとっても球団にとっても不幸です。常に最悪のことを考えた意思決定をしなければなりません。

以前と比べて”安い”のは確かです。ただポスティング制度は決まってしまいました。その制度の中で考えなければならないのです。その制度の中で言えば、20億円というのは決して”安く”ないように考えます。過去のことは、(会計的に言えば)”埋没”させなければ、正しい意思決定はできないのです。

恨むべきはメジャーとの交渉をした人たちであり、マー君ではありません。感情論に走って、能力ある若者の未来をゆがめないようにしてもらいたいと思う次第です。


アーカイブ

著書紹介